使い方で注意すること|安全にデパスを使っていくために、勉強しておきましょう

安全にデパスを使っていくために、勉強しておきましょう

使い方で注意すること

指で摘んでいる薬

ではデパスに依存しないようにするにはどうすればいいのか?
注意していけばいい点をここで紹介していきたいと思います。

まず人によっては普段から睡眠薬を使って寝ているという人がいるでしょう。
睡眠薬を使っている人は、できるかぎりベンゾジアゼピン系以外の睡眠薬を選ぶようにしてください。
不安が強い人の場合は不眠症を合併していることがよくあります。
そのため睡眠薬を使う人が多かったりしますが、実は抗不安薬によく含まれているベンゾジアゼピン系は睡眠薬にも使われてたりします。
つまり同じ系列の薬を併用してしまうと余計に依存度が高まってしまうことになるので、強力なデパスとの併用になるとかなり危険です。
だからもし睡眠薬を使いたい人は非ベンゾジアゼピン系やオレキシン受容体拮抗薬、あとはメラトニン受容体作動薬などを使うようにしましょう。

ちなみにベンゾジアゼピン系の睡眠薬に近い効果をもたらすのは非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬になります。
依存性はベンゾジアゼピン系よりも少ないのでおすすめです。
主にアモバンやルネスタなどの睡眠薬が有名です。

ただしこれらの睡眠薬は作用時間が短かったりするので、もしうまく眠れないことがあればオレキシン受容体拮抗薬を使っていきましょう。
物によっては即効性に欠けたりしますが、安全性においては一番優れています。

あと重要なのは自分の不安の程度にあった抗不安薬を使うことです。
デパスを使い始めて不安が落ち着いたら、ずっとデパスを使い続けるのではなく薬を弱めていくようにしましょう。
永遠と強力なデパスを使っていれば当然依存しやすくなってしまいます。